ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

チラシ広告の集客でポスティング効果を求めた場合には「量」と「質」どっちが重要?

チラシ広告の集客でポスティング効果を求めた場合には「量」と「質」どっちが重要?

ポスティングのチラシ集客で効果を求めた場合には「質」より「量」が重要とは限りません。広告担当が一度は考えさせられるチラシ配布は、歴史を振り返ると、10年以上前から「質」より「量」だと言う概念は変わっておりません。

ポスティングによる「量」と「質」の違い

これは、大量のチラシをポスティングすると、広告担当者には妙な達成感と期待感が膨れ上がり、50,000部配布すれば、●●%くらいのレスポンス率があるだろうと考えてしまい現在に至ります。

但し、このチラシ集客手法をすべての企業様が取り組めるの?と考えると、意外とそうでもありません。

「量=知名度」の場合、求められる商品・商材であれば理想的な手法ですが、多くの場合、「質=特定属性への知名度」の生活シーン毎に分類したターゲットではないでしょうか?

★量=不特定多数の知名度優先

・ピザ、食材配達・デリバリー関係・スポーツクラブ・電化製品など

★質=特定属性への知名度優先

・家事代行・高級エステ・学習塾(英会話、幼児教室、音楽教室)・不動産・通信販売・高級スポーツクラブ・カーディーラー・ペットショップ・健康食品・クリニックなど

集客ターゲットを2つに分類

このように、業種別に2つに分類すると、「量」と「質」には、ターゲット層が見えている前提で判断が必要です。費用対効果を最大限にするには、実施前にエリアマーケットの商圏傾向を俯瞰して「量」「質」の重要性が、販売促進の担当者に伝わればと思います。

効果を求めるには、やみくもにチラシ投函はせずに ポスティングにおいて最も大切な「街の特性」を知ることが重要です。

予算を掛けてのポスティングですので、出来る限り効率よく低予算で最大限の効果を発揮 させてもらうため、ポスティングを一時的な広告と捉えず、ポスティング結果を会社運営に活かしてもらいたいと思っております。

チラシの種類が様々であるなら、ターゲット層も様々であります。チラシごとの最も反響が出ると思われる生活スタイルを分析して配布することで、結果に応じた配布対策と、次回の広告にも大きな指針となります。次に広告媒体の仕様についてですが、ターゲット層を決めてチラシ配布をしても、広告自体に魅力がなければチ ラシ配布以前の問題となってしまいますので、媒体作りに失敗してはポスティングがまったくの無意味となってしまいます。

比較的に多くある失敗例

クライアントの自己満足的なデザイン・内容になってしまうケースです。レスポンス対策としてはチラシ作成は必ず第三者の目 を入れて、電話番号の位置・大きさ・配色など、チラシを作成する前段階からアドバイス可能なデザイン制作もできる広告代理店(デザイン制作会社)を選定す ることが重要です。

事前準備や市場マーケティングをされない場合「戦略なくては、武器を持たずに戦争にいくようなもの」と、ご状況は変わりませんので、ポスティングのチラシ集客効果を一つの指標として比較する場合には、新聞折込以上の成果を目安にすることを推奨いたします。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド