ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

12月のポスティングは、人を惹きつける最も反響があるタイミング

12月のポスティングは、人を惹きつける最も反響があるタイミング

毎年、年末年始に向けたポスティングの需要は高まってきております。ダイレクトに商品を販売することを目的とした商材ほど、需要が増えています。例えば宅配関係などは、もはや戦になっているかのようにブランドイメージと商品価値アピールすることで、消費者の購買意欲を刺激しようとするものです。

日常生活に密着している商品ほど、反響率が高く訴求力のある広告仕様を制作、配布することで、企業のブランドイメージを上げることができるのであれば、試してみたいですよね。今回は、なぜ?年末年始のポスティングが人を惹きつける最も反響があるタイミングなのかをご紹介します。

一年の整理と新たな一年の準備

年末年始は一年の中で、「一年の整理と新たな一年の準備」の重要な時期になります。一番自由な時間でもあり、自宅イベントと言えば、大掃除でしょう。
一年間お世話になった衣類・電化製品・日用品など言い出したらきりがないかもしれません。まだ、使えるかも?でも、一年間まったく使ってないけどなって状況ですね。

優位性が高いマンション配布に焦点を当てる

商品によっては、軒並み配布も十分お勧めできますが、商材によってはマンション配布の優位性が高いことがあります。

住宅ローンの借換検討などは、マンション配布に非常に向いており持ち家が前提となりますので、間違って軒並み配布で実施すると、借換ローンに関係のない住民よりクレームが入りやすくなります。当たり前なことですが、全く関係ないチラシが多く配布されればクレームは増加します。

住宅ローンの借換であれば、居住開始月を竣工月と捉え、ファミリータイプに限定してポスティングすれば顧客マッチングが表面上で完全一致しますので、反響率はとんでもなく良いです。これが、住宅ローンではなく、商品がNISA(ニーサ)であれば、マンション配布ではなく軒並み配布のほうが正解になります。

他には、お子様がいるご家庭へのリーチ方法を求めている、学ぶ系(塾・スクール・教室)なども効果的です。マンション配布で2世帯以下が居住する集合住宅は除外し、ファミリータイプ限定で配布します。

塾であれば冬期講習の狙いでしょう。先ほどの借換ローンと同様に、子供が居住するファミリーマンションであれば教育ローンなども有効的です。マンション特有の情報から導き出せることが多く、インターネット環境の設備が充実している分譲マンション限定にすることで通信教育などもリーチできることがわかります。

一部のご紹介ではありますが、ご参考になればと思います。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド