ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

遺族のためにやっておきたい生前予約と相続税対策及びその成功事例

遺族のためにやっておきたい生前予約と相続税対策及びその成功事例

家族が亡くなった場合、残された遺族は精神的な苦痛だけでなく、その後に続く葬儀や相続の問題で悩まされることが多いものである。人生の最後について考えたくない人もいるであろうが、遺族ため事前に相続税対策や葬儀について考えておくことが必要である。

遺族のためにやっておきたい生前予約

葬儀社には生前予約の制度があり、事前に葬儀社と話し合うことが可能である。家族が亡くなった直後は前述のような、様々な問題があって冷静に葬儀社を選び適切な葬儀の方法を選択し実行するのはなかなか難しいものである。

事前の落ち着いた状態で葬儀社を選び、生前予約によって葬儀内容や費用などを検討しておくことで、ご遺族にとっても忙しい中で慣れない葬儀社探しや思わぬ出費を避けることができる上に遺族は心の準備をすることもできるであろう。生前予約時に希望の方法による葬儀を指定することも可能であり、本人にとっても亡くなった後の事について心配を減らすことができるのである。

相続税対策及びその成功事例

相続税対策もまた忘れてはならないことの一つである。財産が金銭のみであれば全員で法定相続分に従って振り分けることは可能であるが、土地や建物といった不動産などがあるとなかなかそうはいかない。また、遺族と本人の間での生前の関係によっては法定相続による配分ではむしろ不公平と感じる場合もある。

本人が病気などで子供の世話になっていた場合など、世話をしていた遺族とそうでない遺族があるなどといった場合である。国の相続税に関する制度も平成27年度税制改正で増税となっていることも忘れてはならないであろう。

相続性対策としては、法定相続人の数を増やして税区分を下げる、所有資産の評価額を下げる、返済可能な借金を増やす、生前贈与などの制度を利用する、納税資金として生命保険や事業を営んでいる場合には経営する会社による自社株買いなども利用可能である。

法定相続人は、配偶者と子供がいる場合、養子縁組をすることで一人(実子がなければ二人)法定相続人を増やすことが可能で、相続税の計算上は法定相続人の数が影響するので税額を減らせるのである。また、土地を所有している場合、更地よりも建物を建ててある方が評価額が低く、可能であればアパートやマンションを建てることなどで評価額を下げることも可能である。

生前贈与の制度では一定の金額以内であれば課税対象にならない場合もあり、課税される場合でも全体として税額を下げることが可能である。税制は複雑なので単にこれだけでは十分な相続税対策とはならない場合もある。

例えば、個別の条件から2次相続まで考えることで相続税を大幅に減らした成功事例もある。また、建物を建てることによる成功事例としては、建物建設時に建設資金として借入れを行うことで、土地の評価減と合わせて大きく相続税課税額を減額した事例もある。

事前の税理士などへの相談に合わせてこうした成功事例を考慮していくことも相続税対策として重要である。

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド