ポスティング集客ノウハウガイド
ポスティング・集客ノウハウ集

BLOG

ポスティング反響率最大12%が実現できる!?費用対効果を上げる戦略とは

ポスティング料金によって費用対効果が違うチラシ広告の注意点

ポスティング料金によって費用対効果が違うチラシ広告の注意点

ポスティングの料金は配布方法や配布効率・チラシ広告の形状によって料金設定が決まります。「配布エリア✕配布方法✕媒体仕様」の3つが単価設定となりますので、注意点について詳しくお伝えしたいと思います。

ポスティング料金は配布プランによって変動する

一般的にポスティングの配布方法は、主に「軒並み配布・集合住宅配布・戸建て配布」3つの構成で成り立っています。日本全国で共通言語となっているチラシポスティングのサービス名称です。その他、オフィス狙いで事業所ポスティングなどもあります。これらのポスティング料金は、配布員の負担が大きいほどチラシの配布料金は高騰してしまいます。

例えば軒並み配布と集合住宅配布は、どちらがポスティング料金が高いの?

答えは「集合住宅配布」です。何故なのか?を紐解いて説明すると、軒並み配布は指定地域の丁目に対してフリー配布になりますので、極端な話ですが、指定地域内であればポストを発見次第どこでもチラシ投函して良いのです。

一方で、集合住宅配布は目視で共同住宅を発見次第、チラシ投函しますので、軒並み配布よりもポスティングの配布効率が悪いために、ポスティング料金が若干高いのです。このように一般的なポスティングは配布員が目視の判断にてチラシ投函を行いますので、配布プランによってポスティングの料金が変動するのです。よって、戸建て配布は当然のことですが配布単価が一番高くなります。

広告媒体毎のポスティング料金の基本的な考え方

一般的にチラシ広告で多い媒体仕様は「A4ペラもの」になります。他にも、B4二つ折り・A3二つ折りなど新聞折込と併用されているケースもあります。また小冊子のパターンもシーズンによって出てくるですが、ポスティングの料金の内訳としては、2つが基本になります。

【1】ペラもの広告チラシ

【2】小冊子・リーフ・ティッシュ

これらの広告仕様によって、ポスティング料金の基準単価がエリアに対して割り振りされていきます。チラシポスティングになりますので、「ペラものチラシ」のほうが配布単価は安く、小冊子やリーフになってくると、広告媒体の重量が嵩みますので、その分の料金が人工として単価に跳ね返ってきます。

23区内でA4ペラ配布をそれぞれのポスティング方法に当てはめると、軒並み配布@5円・集合住宅配布@6円・戸建て配布8.5円くらいが基準単価程度になるでしょう。この基準単価より高騰する場合はスケジュールが短いことや配布効率が悪い条件などで変動します。あとは広告代理店が間に絡んでいる場合には、手数料マージンが上乗せされますので、もう少し高いと考えられます。広告代理店が調整してくれる場合、手数料は掛かりますが、その分、実務の手間がかからないので重要度が高いほうに時間を使えるメリットがあります。

ポスティングサービスの配布プラン

初めてポスティングを検討されている方でも分かりやすいように配布プラン毎にお伝えします。

1、軒並み配布

指定地域エリアの丁目毎に全てのポストがチラシ投函の対象したポスティングになります。予め地域ごとに設定された部数に対してプロモーションするのがオーソドックスなやり方です。すべての居住者がメインターゲット層になる業種向けのポスティング手法です。

2、集合住宅配布

集合住宅のみに限定したポスティングになります。ある程度のターゲティングを設定してポスティングをされたい業種向けの方法です。戸建て住宅をターゲティング対象外にされたい商品サービスが多い傾向です。

3、戸建て配布

戸建てを限定としたポスティングになります。圧倒的に持家率が高いので、3つの中では一番ターゲティングがされている配布方法です。ただし配布効率が1番悪いので配布期間も通常よりも長めに取らなければならないのがネックなとことです。

4、事業所ポスティング

オフィスターゲティングをされている、もしくは狙っている業者向けのポスティング手法です。例えば、通勤圏からの顧客層が多い業種であれば、メイン商圏のSP手法として店舗周辺のオフィスにポスティングするのも販促方法としては効果的です。

5、ディマール(圧倒的リーチ率のポスティング)

当社の100万棟のデータベースから独自のマーケティング手法でターゲティング層を特定してダイレクトメール並みのリーチ率で広告媒体を届ける方法です。子供集客や女性集客・富裕層集客などで圧倒的なパフォーマンスを実現できるSP手法です。

ディマール(圧倒的リーチ率のポスティング)

ポスティング料金のまとめ

ポスティング料金を見て多くの人は、安い単価を採用して多くのチラシ広告を配布する傾向があります。もちろん最も効果が出やすい業種もあるのですが、残念ながら、軒並み配布で成果を定期的に上げている業種は、ごく一握りなのが現実です。ポスティング料金のみで判断してチラシポスティングすると負のスパイラルに陥りやすいので注意が必要です。

広告は見てほしい人に、プレゼンテーションして反響を獲得することがゴールです。物量数で勝負ではなく、質と量で勝負できなければ、物量に対して印刷代が肥大化しますので、獲得単価で見ると結構高くついてしまうことがあります。

広告宣伝するエリアの特性をよく分析して正しいポスティング方法でプロモーションすることがチラシ広告で成果を獲得する重要なポイントです。相乗効果を狙って他のメディアとの組み合わせが多いチラシ配布はインターネット広告と同様のターゲティングが可能ですので、広告担当内で完結しないでプロに相談して知見を学びつつ実施していただければ、PDCAがうまく回っていくプロモーションができるでしょう。

 

無料eBook:攻めの集客ノウハウ完全ガイド

無料eBook「ディマール(Dimar)」では、集合住宅のマーケティング手法からポスティングの効果と業種別の具体的な集客方法まで施策内容をまとめたPDFを無料で提供しています。

本書はポスティングの効果と、具体的な施策内容を全20ページに渡って詳細に解説しているものです。マーケティング戦略によるポスティングの目的はたった一つだけ。それは「売上をあげること」です。そして当社の全く新しい手法を実践して頂くと、競合他社に比べてお客様を獲得し、売上をあげることができます。

もし、集客でお困りなら、下記より必要事項を入力後にダウンロードして頂き楽しみながらじっくりとお読み頂けると幸いです。

是非、貴社の集客マーケティングにもご活用下さい。

私たちは、企業の規模を問わず、それが本当に価値のあることであれば、喜んで集客のお手伝いさせていただきます。


無料eBookをダウンロード

あなたにおすすめの記事

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-5879-2213平日 09:00~18:00
ポスティングなのにDM並みのリーチ!
攻めの集客ノウハウ完全ガイド